• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
♪英語アレコレ♪
英語アレコレ。勉強方法から疑問の解決など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 前置詞
under / below / beneath の違い
DATE : 2005-12-26-Mon  Trackback 0  Comment 0
underbelowはどちらも「~より下の位置に」という意味を持ちますが、
状況によって使い分けられます。

■under

 覆われた物について言うとき。
 例えば、"under his jacket"(彼のジャケットの下に)など。

 また、"younger than"、"less than"の意味でも使われます。
 例えば、"under the age of ten"(10歳未満)など。
  (注)この場合、10歳以下ではなく、10歳未満という意味になります。
     10歳は含みません。

 慣用句としての表現では、
  under construction     工事中
  under fire            攻撃を受けている
  under attack         攻撃を受けている
  under arrest         逮捕されて
  under these conditions   これらの条件で
  under scrutiny         監視されて、捜査中で
  under pressure        圧力をうけて、切迫して
 などがあります。


■below

 すぐ下にあるわけではない、またはすぐ下とは限らない場合。
 例えば、"below the surface of the water"(水中に)など。
 この場合、水面のすぐ下というわけではなく、水中のどこかということ。

 また、
  below sea level           海面下に
  below average            平均未満の
  an IQ below 80            IQが80未満の
  radio waves below 22 kHz    22kHz未満の電波
 という風に段階を表すのに使います。


■beneath

 beneathは、他の2つよりも文語的でかしこまった言葉です。
 underとbelowとほぼ同じ意味で使われますが、
 beneathを使った慣用句もあるので、どのように使われているか
 注意しておくと良いでしょう!

 例えばこのようなものがあります。
  beneath criticism    批評に値しない
  beneath notice     注目するに値しない


英語を聞いたり読んだりする場合に、どのような状況で、
どういう意味で使われているか気をつけておくと
頭に入りやすいと思います。


<参考>BBC World Service - Learning English
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 ♪英語アレコレ♪. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。